全闘病記録シリーズ2006 『改めて2004年から自力を信じてます。』

第7章 『Go by a detour』
きてる君
◆2004年10月◆

激しい顔の浮腫みを訴える。
レントゲンの結果、その日のうちに『国立国際医療センター』に検査入院。
1ヶ月の検査入院で、『ホジキンリンパ腫』と診断される。

◆2004年12月〜2005年10月◆

ABVD療法が始まる。
実家から比較的近い『静岡がんセンター』に転院、通院。
5クール程終えたときの途中経過で、効果なし宣告。

ACES療法に変更。
3クール行うが、効果なし宣告。

大きさ変わらずして放射線治療を行う。20G行う予定だったが、12程行った後の途中検査で、効果無しと宣告。

『国立がんセンター』をセカンドオピニオンとして紹介される。
自家移植を勧められる。
が、それにしてもまだ自家移植成功するような腫瘍の大きさではなかったため、腫瘍が小さくなるまで、CHOP療法を数回実施。無期限で小さくなるまでやり続ける方針になった。

◆2005年10月〜2006年2月◆

先が見えなく、当時は医師もてんてこ舞いのご様子だったし、身体もボロボロになった為、自家移植はやめ、いわゆるがん細胞を『叩く』治療を一切止め、西洋医学から離れる。
相当考えた結論だった。

10月頃から、東洋医学、免疫療法を色々試す日々が始まる。
浅草で温熱療法、御茶ノ水で針、など、色々試す。

放射線や抗がん剤などの副作用が来る。やせ細る。炎症の値CRPが急増し始め、肺炎の恐れが出てくる。食欲も無くなる。

◆2006年2月〜7月◆

腫瘍の大きな変化無く、段々と食欲戻ってくる。
喉がおかしくなる。炎症が原因か?

抗がん剤などは使用しないが、『がんセンター』へ『定期検診』と『緩和ケアセンター』へ通う。

信濃町の病院にいく事や、バンド活動も諦めたくないが為に、別になんも良くなってないのに、この1年半のフラストレーション、ストレスを開放しなきゃだめだと思い、4月から都内に一人暮らし開始。

◆2006年7月〜◆

一人暮らしでとても楽しく有意義な時間を過ごせた半面、色々とおかしな感じになり、入院。無理をしすぎたことに気付く。
改めて自分の身体について考え直す。

◆2006年8月1日〜◆

ずっと記録してきた全闘病記録シリーズ2006 『2004年から自力を信じてます。』』
から『JUGEM』に移る。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ