全闘病記録シリーズ2006 『改めて2004年から自力を信じてます。』

第7章 『Go by a detour』
<< 緩和科からの贈り物 | main | 個室だからって泣いてんじゃねぇ、俺。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
見直し時期 そう言っているのかい?おてんとさんよ。
今日はいろいろ考えさせられる日だった。
改めて。

今、今この時の、現在の、この瞬間の俺の主張は、
早くここから出たい。
だ。

でも、出たらどうなる。
さぁ、どうする

長い目で見たら、どうする?


今俺が行っている治療。
煎じ薬とか、刺絡療法、気孔、自分の信じている錠剤、サプリメント、食生活。。。

いわゆる今までやってきた抗がん剤、放射線はもうできない。ホジキン病は手術は無理。
やりきってしまったと思っているし、がんセンターの主治医もそのようなことを仄めかしていた。

自家移植と言う方法は残っている。
でも、これも超大量の抗がん剤を投与した後の話であり、その上、俺の場合、まだ自家移植するにも早すぎる段階と言われた。
自家移植するなら、もっと時間をかけてC-MOPPを小さくなるまで、無期限で。と言われて。。。

そんな後先まったく見えないような治療は受けれるはずも無く、俺は三大治療をやめたんだ。

そこから、俺は刺絡療法を試し、続け、そこで、温熱療法を紹介された。

俺の行ってたASKSの温熱療法は本当に辛かった。
今考えれば、
と言うよりいろいろインターネットで落ち着いて調べてみれば、そこは値段的にボッタだった。はるかに。
でも、先生は温熱療法の先駆者的な人だったことは間違いない。
お金が無かったんだろう。

装置的にも、インターネットで調べてみてもASKSの装置はもう、そりゃぁ半端なく原始的で、ものすごく辛い治療を行っていたと、自負している。

それを俺は秋葉でマンスリー借りるくらい長く続けた。
治すための治療が、ものすごく辛くて、激しいストレスにつながっていた。

治療がいやでいやでたまらなかった。

なんか、状態も良くなくなってきた。
何回もこんな辛い治療やってるのに、何にも変わらない。
こんなもんなのかな。
肺の状態も良くなくなってきて、
今はどうかわからないが、当時、骨に転移していると仄めかされたりもした。
そのための注射も何度かした。
実際今は主治医からは何も言われてないが・・・。

まぁ、とにかく放射線の後遺症か、その温熱のやり方が悪かったのか、よくわからんが、

これじゃ駄目だと思い、止めた。

刺絡療法や、免疫療法は続けていった。
しかし、これと言ったどーーーーんとかまえた感じの治療法は今もしていない。

よって、レントゲンをたまに撮るんだが、もちろん『小さくなっている』という判定はそこにはまったく無く、『比較してみたら大きくなっている』んじゃないか。と言う判断のほうが適切なのが現状だ。

ホジキン病は成長が比較的遅い。ゆっくりとゆっくりと進行していく。
長い目で見れば大きくなっていると言っても過言ではない。

そして今、考え時なのだ。

なぜか。なぜ今か。

それははっきりとは見えてこないが、多分、

モルヒネの使用
救急車に乗るほどの身体
酸素ボンベの使用
息苦しさ息切れの頻度の多さ
肺炎、気管支炎の恐れ
デカドロンの使用開始
寝転ぶのが怖い
などなど・・・が出てくるだろう。


はっきり言って、『末期』なのは間違いない。
レントゲンを見れば一目瞭然だ。

癌細胞を叩く』という治療法はやめた
はいいが、それだとそれなりにやはり治すにはかなりかなり遠回りだと思うし、大変だ。
時間がかかるなんてもんじゃない。

でもやめた。
いい例をあまり聞かないから。。。

今でも間違っていないと思っている。








さぁ、どうする。
いろいろな情報源はある。

今日親がいろいろな情報源を片っ端から言い放ちやがった。
ここは、
これも、
ここがいいって。

かなり焦っている悪い癖。おかん。おとん。みんな。

でもいろいろある中で、やっぱり一番効くというか、情報が多かったのは、温熱療法だった。

もちろんインターネットでも調べた。

ASKSとはぜんぜん違う、笑っちゃうくらいにぜんぜん違う装置。
病院によって予約とか色々取りにくい状態にあるのか、とか、今調べ中だが、
経験者(俺)が語るとするなら、

あれは、怖い。
それが一番に来る。
いわゆるトラウマだ。

スタートがあれだと、だれでもトラウマになると思う。。。




とか、まぁ、今は落ち着いてほかの治療法は無いか、慎重に慎重に調べてみる必要がある。
今はその段階だ。
今度、温熱療法ではないが、予約を取っている。そこに行ってみる。
とにかく行ってみる。

今は緩和センターと言う痛みを和らげてくれるだけの場所に閉じこもっている。
実際に俺の悪い部分を取り除いてくれる科ではない。
閉じこもりながら、助けてもらいながら、本格的に動き出さなきゃいけない時期だ。

はっきしいて、モルヒネなんて嫌だ。
本音はね。

でもそんな事言っていられなくなってしまったんだから。







今、もし、パッって自分の中の腫瘍が無くなったら
どうする?

逆に戸惑う。

これが、今の俺の本音かもしれない。
| きてる君 | おさらい | 21:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:09 | - | - |









http://eight-beater.jugem.jp/trackback/7
妊娠と便秘薬
妊娠中は薬を飲みたくない。 そんな気持ちはわかります。 そしてもちろん、飲まずにすめば、それに越したことはありません。 しかし、便を溜めすぎるのも、それはそれで問題があります。 だって、毒素や毒ガスが、赤ちゃんに届いてしまうじゃないですか・・・。
| 便秘解消とは。便秘薬の真実 | 2007/07/13 11:19 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ