全闘病記録シリーズ2006 『改めて2004年から自力を信じてます。』

第7章 『Go by a detour』
<< 今現在の具体的な身体の状況、把握す。 | main | 緩和科からの贈り物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
始まりました、新記録シリーズ。
今日また戻ってきた。
病院に。入院生活再開
退院いつになるかわからない。

はぁ。。。
またこの生活か・・・。


眠れない眠れない言ってましたが、なんでやと。

病院のベッド、枕に慣れてしまったからなんです。
多分。

ベッドはちがうけど、同じ枕(わざわざ通販で同じのを購入した)なんです。
でもなんか違う。
なんだ。


発見。

ねんきが違う。

具体的に言うと、枕の綿の広がりよう、微妙な硬さ、とかが違ってた。
かなりかなりかなり細かいが、この違いだけで、息苦しさがぜんぜん違う。

本当にめんどくさいんです。
俺の身体。

でも付き合っていかなくちゃ。
親もみな、協力してくれている。



んで、これからどうなるんでしょう。
明日とか、何やるんですか?

まだ、お薬の調節ですか?

昨日のお祭りで歩いていて、改めて自分の体力の無さにびっくりです。

ただでさえ、筋肉抑制され、細々していて、足の甲は浮腫みまくってて、だから重くて重くて、、、。

それプラス病院で座ったきりが多いこの状況。


いつまで続くんですかぁ?????

と。





そういえば、ここの緩和センターの看護婦。
終わってます。

まぁ、ここの病棟、俺以外みんなかなり歳のいったおじいちゃんのばぁちゃんばかりなんです。

だから、薬は全部看護婦が管理してるみたいなんだけど、俺はまだ若い。

マニュアルでは看護婦が管理てなってるのかもしれないが、薬位のことは自分で管理したい。

なのに、ここの看護婦は『我々が管理しますんで』なんて言い放ちやがって。

んまぁ、マニュアルならしょうがないって、俺は任せたわけです。すべてを。


そしたらどうでしょう。

外泊時の薬、間違えてますよ。
今日の昼飯後の薬、間違えてますよぉ。

しかも結構重要な薬ですよぉ。。。

切れました。軽く。
言ってやりました。

そしたら、『婦長と相談してきます。

だってよ。


んで、結局

お れ が 管 理 O K ですよ。

最初からそうしとけばいいんだよ。


やるなら徹底的に間違えるんじゃない。

ここの看護婦は、なんかたるんでる気がする。

あと、なんでも薬で対応したがる。薬薬薬って。

緩和ケアてそういうところなのだろうか。

だとしたらなんか、やだな。
| きてる君 | 愚痴 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:16 | - | - |









http://eight-beater.jugem.jp/trackback/5
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ