全闘病記録シリーズ2006 『改めて2004年から自力を信じてます。』

第7章 『Go by a detour』
<< 今日の記録、愚痴、日常、明日の事 | main | もっと調べて行けばよかったかな。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
久しぶりの生音楽聴いてたら元気でた。
車椅子で行ってきました。
フェスティバル。
音楽というのがどれだけ自分に自信、安心、生きるということの物凄さを実感した。
本当に音楽療法というのがあるくらいだからな。
何でも出来る気がしちゃった。生音。
景色も凄く良かったので、写真いっぱい撮ってやった。
http://www.flickr.com/photos/ktr005/

そして、物凄く当たり前なことなんだけど、

歩く』っていう当たり前な行為。
凄いことなんだ。って。
すっげーーーー単純なことだけど、今の俺には、酸素がないと、というより酸素があっても、もんの凄い遅いし、いちいち休まないとならないし・・・。

立つという行為』。
座るという行為』。

めちゃくちゃ当たり前な行為だけど、
いちいち疲れたり、息切れする俺にとっては、すげー行為なんだなって思った。

ライブの方も、見ていて、すげー体力使ってるんだろうけど、出来ちゃってるんだもんな。
とか。



そんなこと思いながら、帰ったわけだが、車椅子で行ったため、そこまで疲れないで、息切れも無く、楽しむことが出来た。
| きてる君 | 日誌 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:16 | - | - |









http://eight-beater.jugem.jp/trackback/18
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ