全闘病記録シリーズ2006 『改めて2004年から自力を信じてます。』

第7章 『Go by a detour』
<< 酸素 | main | 久しぶりの生音楽聴いてたら元気でた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
今日の記録、愚痴、日常、明日の事
腫瘍が肺を覆っている為、単純計算で言えば常に少し前向きに身体を反らせば、肺に負担は少なくなる。

昨晩はパラマウントベッドを最大にまで起こし、ほぼ座った状態でねる方法をとる。
そうすれば座って(あぐらや正座)寝るより足を延ばして寝る事ができ、足の浮腫みも少しは無くなる、という仕組みだ。


…惜しい。
惜しいのだ。
ギリギリで止まりやがる。
やはりどう頑張っても肺は楽にならんかった。


やはりあぐらをかきながらいつもどおり寝る。

『マイスリー5mg』という睡眠薬を新しく服用したためか、結構昨晩は寝れた。
オシッコとか行かなかったし。
なんか、嬉しかった。

嬉しかったが喜んでいられない。
早朝発作危機一髪の時間だよ。

起きたら起きたで、数時間安静にしてなきゃ。

→大丈夫。
→飯喰う。
→一口目120%の確率で淡いタン発生。
→喉つっかかり、発作危機。→繰り返す。
→イライラ
→朝御飯無しで薬投与。
最近こんなん。




足の浮腫みも大変な事になっている。
見るに見兼ねない。
膨れすぎて、皮膚が割れ、カサブタが至る所にでき、何も塗っていないのに皮膚がピカピカに光っている。
そして至る所から変な透明の汁が出てきて、どうやら消毒をちゃんとしないと感染症になってしまうらしい。

浮腫みも来るところまで来たようだ。
もちろん靴なんて入らない。
歩くという行為が非常に億劫になる。
というか歩くと破裂しちゃうんじゃないの的な。


足を投げ出す座り方が60%
ベッドへ行ってあぐら(寝る)30%
立って歩く10%
ってとこか。

浮腫まないのも不思議じゃない。

おかげでケツも大変な事に。



俺は一日何をやればいいのか。

発作になりかけ
薬飲み
立つのが辛く、息苦しくなり、
しょうがなく座ってネットとか。
朝の薬の副作用『眠気』で寝るか。
昼飯は喰える。
昼薬を飲み
少し立っては歩いてみては、息苦しくなり、諦め、
また座り、なにかをして
炎症が高いからか、ホジキンの特徴である『高体温』によりクーラー効いてても、俺は汗だくだし、
扇風機かけてるとますます浮腫むし、
その格闘をしつつ、
夕飯
んで一番怖いお風呂
酸素や足が上がらない為、とても危険なのだが、なんとか頑張って、
そしたらなんだかんだでこんな時間。
寝る準備。


この繰り返しだ。

少なくとも一人では何もできない。
家族には本当に感謝してる。


明日はTPCフェス。
家族数人と行く。
かなり心配だが、行って来ます。
| きてる君 | - | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:53 | - | - |









http://eight-beater.jugem.jp/trackback/17
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ